え、この会社こんなこともやってるの?ちょっと意外な事業紹介

どんな会社もメイン事業に注力するのは当然のこと。ところが、会社のイメージからはなかなか想像できない、意外な事業を手掛けている企業が多数あります。今回は、そんな2社の事業をご紹介します。

※この記事は、2015年10月発行『Grand Style』掲載コンテンツを編集したものです。

 

■なぜグリーがリフォーム?

定額リフォームサービス『リノコ』

renoco_top_20160518

「誰に頼めばいいかわからない」「料金の見当がつかない」など、不透明さがあったリフォーム業界に風穴を開けたのが、グリー株式会社の100%子会社、セカイエ株式会社が手掛けるリフォームサービス『リノコ』。商品代・工事代・保証費用などが内包された全国一律のコミコミ価格という、明快な料金体系でサービスを提供しています。ホームページ上で希望の商品と工事内容を選ぶだけで、見積り金額を算出し、後日、施工スタッフが現場を訪問し正式な見積りを提示。専門スタッフによる年中無休のサポート、施工会社のネットワーク化による地域差の出ない料金設定(※一部地域をのぞく)も強みとなり、利用者アンケートでは90%以上が「満足」と回答しリピーターも増加中。

 

担当者:グリーはゲーム事業のイメージが強いですが、創業事業はSNS。コーポレートミッションでも「インターネットを通じて、世界をより良くする」を掲げています。『リノコ』は、総合インターネット企業を目指す当社にとって有望かつ意義のある領域と考え、2014年に参入しました。あらゆる業界のIT化が進んでいますが、リフォーム業界はその進捗が1%以下と言われており、改善の余地のある市場と捉えています。とはいえ、当社にとってこの分野を手掛けるのは初めて。手探りの部分もありましたが、当初からお客さま視点を大切に展開してきました。おかげさまで、昨年同月比で倍以上の売上となるなど順調に成長しています。

 

 

■なぜDeNAがDNA?

一般消費者向け遺伝子検査サービス『マイコード』

mycode

株式会社DeNAの100%子会社、株式会社DeNAライフサイエンスが手掛ける『マイコード』。自宅で簡単に行える遺伝子検査キットを販売し、自宅で採取した唾液を郵送すると、2週間ほどで検査レポートをネット上で受けとることができるサービスです。生活習慣病をはじめとする病気発症リスクや、自分の体質の遺伝的傾向を簡便に知ることができます。

現在、280項目の検査を網羅した「ヘルスケア」(レポートブック付き33,800円・無し29,800円)、がんに特化した「がんパック」(14,800円)、自分の祖先のルーツがわかるユニークなキット「ディスカバリー」(9,800円)を展開しています。利用者ケアの一環として、管理栄養士などのアドバイザーが監修した生活改善プログラム(有料)を提供する他、認定遺伝カウンセラーや医師とも連携しています。

 

担当者:DeNAの取締役会長・南場智子が、家族の闘病経験を経て、病気になる前にできることはなかったのかと自問したことがきっかけでした。最先端の研究が進む遺伝子検査は、いわば病気になる前のケアを可能にする技術と言えます。そこで、DeNAでは、2014年に株式会社DeNAライフサイエンスを設立。東京大学医科学研究所の協力のもと、生命科学の最先端技術と情報技術のイノベーションの力を合わせ、人々の健康と日々の幸せに貢献することを理念としています。検査に関する理解促進、倫理的な側面などにも丁寧に向き合いつつ、カスタマーサポートにも注力し、検査後のフォローも拡充させています。

 

 

一見、メイン事業からはイメージできないような意外な事業も、各社の掲げるミッションや、経営者の想いに基づいて展開をしています。2つのサービスの今後にぜひご注目ください。

 

※取材・執筆/坪井安奈 『Grand Style』5号  2015年10月発行

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします